おさり文具

文房具・漫画・ドラマ・映画・レモンサワー好きがつらつらと。

”

PILOT キャップレス万年筆

万年筆、使ってますか?好きですか?万年筆沼にハマってたりしますか?

私は使ってます。スケジュールも日記も雑記も万年筆。単純に好きです、万年筆。

万年筆といえば「書き味」「滑らかさ」「見た目」、10人いれば10通りの選び方がある。

万年筆をTPOで使い分ける人もいれば、ただ好きというだけで何本も筆箱にストックする人もいる。

私の場合は悩んで悩んで選んだ1本を、用途問わずにずっと愛用してます。

そんな私の愛用万年筆がこれ、
f:id:sai316sai:20170718143922j:image

PILOT キャップレス万年筆。

その名の通り、キャップがありません。

ボールペンのようにノック式です。

1963年に、世界初のノック式万年筆としてPILOTから発売されたこのキャップレス万年筆、国内どころか海外でも人気。

海外だとラミー社から、LAMY dialog3(ラミー ダイアログ3)というキャップレス万年筆が発売されているけれど、個人的には国産PILOT(パイロット)の万年筆にかなうもの無しと思っているので、人にオススメするならばLAMYよりもPILOTかな。

まぁ、好みなので海外製品も使ってみる価値はあると思うけれど(^J^)

海外万年筆は、国産のものよりもボディのデザインが素敵なものが多いし❅*॰ॱ♪ 

 

キャップレス万年筆、インク漏れや乾燥は大丈夫なの…?と不安に思う人もいるはず。

そこはさすがのPILOT(パイロット)、気密性が高いのでそんな心配はいらないです(飛行機の中だとわからないけれど…)。

そして胸ポケットに入れる人もいると思うのですが、

そういうところまで考慮してくれちゃってるのがPILOT(パイロット)の素晴らしさ。

なんと、
f:id:sai316sai:20170718145412j:image

クリップがペン先側に付いている。

ペン先を下に向けて挿すのではなく、上に向けて挿す。

えっ…ペン先にクリップ……?じゃあどこを持てばいいの?どうやって書くの………?

はいはいはい、気になるならば実際に手にしてみて下さい。極端にペンの持ち方が変でない限り、かなり持ちやすい!

クリップ部分を挟むかたちで持つことにより安定感すら出る(^J^)意外にも疲れにくい。

ペン先はFM(中細字)。国産万年筆はペン先の太さが沢山あるので、自分に合った太さを選ぶのが嬉しくなっちゃいます。

そしてこの万年筆のペン先は金ペンといわれる「18金」。

特殊合金やメッキのものもあるけれど、私はカリカリ引っかかる感じよりもヌラヌラスラスラ書きたいので、できる限り金ペンを使っていたい。

 

キャップレス万年筆、ペン先の口がまたなんとなーく可愛い。
f:id:sai316sai:20170718150642j:image

私は勝手にかまぼこ口と呼んでいます。

かなり愛用しているけれど唯一不満を言うならば、

コンバーターが40しか使えない。せっかくキャップレスでボールペン感覚で使えるのにコンバーターが40しか使えないとなると、補充サイクルが早い。

カートリッジも使えるけれど、それだと好みの色が無い。

コンバーター70が対応してくれるといいのに。

とはいえ、万年筆は本来ボールペンよりも扱いが面倒だし手間がかかるので、それも味だと思うようにすれば良いかな(´p`)!!

そんなキャップレス万年筆18金の書き味は、文句無し。
f:id:sai316sai:20170718151139j:image

さすがです。

使用インクは、「PILOT色彩雫 月夜」

万年筆こそ使えば使うほど、ペン先にその人の癖や味がどんどん出てくるもの。

自分だけのとっておきの万年筆を見つけてみては(^J^)

 

Instagram

https://www.instagram.com/osarippin_/?hl=ja

twitter

@osarippin_

 

 

パイロット 万年筆 キャップレス FC15SRBF ブラック

パイロット 万年筆 キャップレス FC15SRBF ブラック