おさり文具

文房具・漫画・ドラマ・映画・レモンサワー好きがつらつらと。

”

「鍵付き日記帳」と「少女漫画好き」

少女漫画とは。
少女達にトキメキを与える漫画。なんならちょっとした自信を与える漫画。
私、34歳。少女でもなんでもない。なのにトキメキとちょっとした自信を与えてもらっている。
ただ、30代の今、小さなショックも与えられている。
というのも、もうね共感出来ないことが増えてきたわけ・・・。
ねえ?本当にその選択で良いの?もう少し考えたら?っていうかちょっと落ち着けよと思うことが増えてきたわけ・・・。
結婚して子供を産んでそれなりに色々経験してきた30代ともなると、純粋な気持ちで少女漫画を読めなくなってくる。
もう「りぼん」なんて読まないし、「別冊マーガレット」もほとんど読まなくなってきた。
今どっぷりハマることのできる月刊誌は「FEEL YOUNG」とあとなんだっけ・・・。
そうなんだよ、月刊誌を数種楽しむことすら出来なくなってしまったんだよ。こんなにも漫画が大好きなのに。
「FEEL YOUNG」だって2作ぐらいしか読んでない現状。
だからもっぱら単行本派になりました。しかも集めると果てしないので、今はレンタル本を読むことが多い。
本当は買い集めたいのに、買い集めたら私はきっと破産する\(^o^)/

 

そんな私の好きな漫画家は、

 

・青木琴美(僕は妹に恋をしちゃうし、僕の初恋を君に捧いじゃうし、彼女は嘘を愛しすぎちゃうし、1話1話のタイトルがいちいち長いことで有名な、実写化が当たり前の人。どの映画も、キャスティングが合っているのか合っていないのかすらもうわからない。)

 

・アルコ(俺物語で、少女漫画の概念をくつがえすほどの男性(ヒロインの相手)を描いたことで有名な人。そんな俺物語、鈴木亮平で実写化済み。)

 

・安野モヨコ(恋愛体質やビッチを描くのが上手い、休載が地味に多い人。ハッピーマニアが稲森いずみと藤原紀香で実写ドラマ化済み。時代です、時代。)

 

・いくえみ綾(ただの神。というのも、噂だと作者は50代なのだが、全く古さを感じさせないほどの今!を描ける人。この人は本当にすごいと思う。潔く柔くが長澤まさみと岡田将生で実写化済み。東出昌大の怪演技が話題となった、不倫がテーマといえばのあなたのことはそれほどが実写ドラマ化済み。潔く柔くは長澤まさみをキャスティングされたことが残念でしかない。あなたのことはそれほども誰一人原作に近いキャスティングはされていなかった。)

 

・羽海野チカ(ネガティブを描かせるならこの人ってぐらい、ネガティブの表現が上手い。ハチミツとクローバーが蒼井優と櫻井翔で実写化、3月のライオンが神木隆之介で実写化済み。ハチミツとクローバーは誰一人として合っていない。3月のライオンは島田七段のキャスティングに対しては一切文句なし。)

 

・おかざき真里(絵。描写。綺麗。内容というよりも見た目。サプリが伊藤美咲で実写ドラマ化済み。演技の酷さに注目。)

 

・小野塚カホリ(メンヘラ度100。それでも惹かれる何かがある。絵面もすごく好み。)

 

・オノナツメ(現実味がないけれど、結構シリアスな内容を、上手いことシンプルに重くせず描ける人のような気がする。)

 

・かわかみじゅんこ(異次元。ファンタジー。世界観が魅力的。)

 

・咲坂伊緒(THE 王道少女漫画。この人の描く男性はかなり格好いい。青木琴美と同じように、この人の漫画も実写化揃いになりそう。アオハライドが実写化済み。東出昌大のあまりにも不自然ほど似合っていない高校生役がトラウマレベル。)

 

・さくらももこ(もう少女漫画ではないよね。こんなにもブラックユーモアな漫画を描ける人はいないんじゃないかな。)

 

・椎野鳥子(女性はいくつになってもお姫様という気持ちにさせてくれる漫画家。ふわっふわしてる。東京アリスは山本美月で実写化済み。完全なるキャスティングミスだと思う。)

 

・ジョージ朝倉(たまに絵面雑すぎない?って時があるけれど、人間の根底にあるドス黒い感情を出すのが上手いと思う。溺れるナイフが小松菜奈と菅田将暉で実写化済み。ナツメ役は小松菜奈ぐらいしかいなかったのかもしれないけれど、コウは絶対に菅田将暉ではない。)

 

・魚喃キリコ(もう、恋愛のリアル。ただただリアルです。ちなみにこの秋に南瓜とマヨネーズが臼田あさ美と太賀で実写化される。ちょっとだけ期待したい。)

 

・二ノ宮知子(ギャボーといえばの、唯一の漫画実写化成功者の、のだめカンタービレといえばの二ノ宮知子。そう、唯一の実写化成功者。)

 

・ねむようこ(絵かな。この人は絵が綺麗。ズルい女を描くのが上手。午前3時の無法地帯が本田翼とオダギリジョーで実写化済み。キャストに不満だが、それ以上に本田翼の大根役者っぷりが辛い。)

 

・羽柴麻央(優しいのも悲しいのも楽しいのも切ないのも綺麗にまとめて描ける人。絵がすごく好き。)

 

・東村アキコ(ちょっとしたキチガイ。キチガイだからこそ面白い。ジョージ朝倉同様、たまにびっくりするぐらい雑な絵になる。主に泣いていますが菜々緒で実写ドラマ化済み。海月姫がのんといえばの能年玲奈と菅田将暉で実写化済み、東京タラレバ娘が吉高由里子と榮倉奈々と大島優子で実写ドラマ化済み。えーっと、主に泣いていますは完全なるキャスティングミスだと思う。海月姫はなぜ実写化したのかすら理解し難い。東京タラレバ娘は想像以上のキャスティングミス。)

 

・南Q太(どうしても主人公を不幸にしたいのか、大概不幸が続く。でもリアル。さよならみどりちゃんが星野真里で実写化済み。キャスティングがどうこうではなく観て損はないと思う。)

 

・矢沢あい(絵が本当に綺麗。繊細で上手。だからこそ絶対に実写化してはいけないのに、NANAとパラダイスキスが実写化済み。どちらも恐ろしい程に原作とかけ離れたキャスティング。小太りのレンやずんぐりむっくりな西洋感ゼロのジョージなんてみたくない。)

 

・やまだないと(5回ぐらい読まないと内容が理解できない。何を言いたいのかさっぱりわからないまま終わることも。でもね、妙に描写が良い。)

 

・よしながふみ(大奥が有名だったりするけれど、実はBL界の重鎮なんじゃないかと思う。この人のBL本は読んだことがないけれど。といってもきのう何食べた?はゲイカップルの話だから、BLといえばBLか。大奥が二宮和也と柴咲コウで実写映画化、堺雅人で実写ドラマ映画化済み。キャストは柴咲コウぐらいしか原作に近い人はいない。)

 

実写化への文句になってしまったんですけど。
でも実際に好きな漫画が実写化されると、まずチェックするのが主要キャスト。
漫画や小説って、自分の中でそのキャラの声だったり話し方をイメージしながら読んでいる気がする。なので自分のイメージとちょっとでもかけ離れていると、もうダメ。何も納得できない。
そもそも漫画自体にもしっかりとした世界観があるわけで。それを実写化するなんて不可能に近いんだよ。
そんな不可能を可能にした唯一の作品が、二ノ宮知子の「のだめカンタービレ」だと思っているし、そう評価している人も少なくない。
漫画に限りなく近く、且つ、ドラマとしても確立した作品。劇場版のなだぎ武だけは完全に原作を無視していたけれど、それはそれで受け入れることができる。
原作が面白いからドラマも面白い、だけどドラマはドラマとしてすごく面白いから原作もまた本来以上に面白くなる。
こんな相乗効果のある実写化なんて他にあるだろうか。今のところ私の個人的意見としては、のだめカンタービレを超える実写化作品は一つもない。
映画自体、オリジナル脚本が本当に減った。減ったのか作らないのかなんなのか。
なのでここ数年、漫画の実写版が遠慮することなく続々と公開されている。
少し遠慮してくれないか。実写化するならするで、色んな利権を絡ませることなくちゃんとしたキャスティングをしてくれないもんか。
それこそが不可能に近いのかもしれないので話を戻して、

 

今読んでいる漫画は、

 

・「あなたのことはそれほど」いくえみ綾
・「G線上のあなたと私」いくえみ綾
・「太陽が見ている(かもしれないから)」いくえみ綾
・「私 空 あなた 私」いくえみ綾
・「おやすみカラスまた来てね」いくえみ綾
・「アシガール」森本梢子
・「高台家の人々」森本梢子
・「午前0時、キスしに来てよ」みきもと凛
・「思い、思われ、ふり、ふられ」咲坂伊緒
・「ダンスダンスダンスール」ジョージ朝倉

・「美食探偵 明智五郎」東村アキコ

・「大奥」よしながふみ

・「鼻下長紳士回顧録」安野モヨコ

・「3月のライオン」羽海野チカ

・「ピーチガール NEXT」上田美和

・「虹、甘えてよ」青木琴美

・「ハレ婚」NON

最後の「ハレ婚」に関しては、全くといっていいほど少女(女性向け)漫画ではないので書くか迷ったんだけど、「一夫多妻制」をテーマにした漫画。
とはいえ4巻ぐらいからただのエロ本と化しつつあるので、なんていうか、何も言えない。

と、ざっくり好きな漫画家や読んでいる本を伝えたところで、
今まで読んできた漫画の登場人物(男性)の中で好きなキャラTOP5を・・・。
突然どうした?っすよね。はい、突然伝えたいことができたってやつだよね。
伝えたいことがあるんだって小田和正も言っていたしね、私も伝えたいことの一つや二つあるもんです。

えーっと、じゃあ、

 

=第5位=ドゥルルルルル・・・(スネアの音…)。

「高台家の人々(森本梢子)高台 光正(こうだい みつまさ)

サトラレという映画覚えてます?自分の考えていることが全て周りに聞こえてしまう(サトラレてしまう) 人の話。それとは逆で、光正は周りの考えていることが全て聞こえてしまう人。それだけを取ると恐ろしさしか無いけれど、この光正という人、優しいし彼女をすごく大切にする。仕事もできて、時には男らしさすら発揮するパーフェクトな人。これは好きにならずにいられない。でも5位の理由は、こちらの考えていること全て読まれてしまうからっすね。もう生きた心地がしなさそうなので。

=第4位=

「プリンシパル(いくえみ綾)館林 弦(たてばやし げん) 

恋愛?女?興味ないね!俺は面倒なことは嫌いだね!という雰囲気を醸し出しているけれど、誰よりも人の心配をするし誰よりも寂しがりで、誰よりも愛情深い。いい男!という感じがヒシヒシと伝わってくる。一見本当に何事に対してもダルそうに見えるけれど。

=第3位=

「天使なんかじゃない(矢沢あい)坂本 将司(さかもと まさし)

彼女を置いて自分の夢の為に遠くに行っちゃうタイプなんですけど、何が良いって持ち前の優しさと一途なところだよね。だからって彼女を置いて海外に行ったまま何年も帰ってこないあたり、お前・・・少しは彼女のことを気にかけたりしないもんか・・・?連絡ぐらいできるんじゃないか・・・?と説教したくなるけれど、周りを明るく楽しくしてしまうオーラに包まれた人なもんで、連絡こなくてもずっと待ってしまうっていう。ロン毛っぷりがまた良くて、私も将司の虜だよ。

=第2位=

「潔く柔く(いくえみ綾)小峰 清正(こみね きよまさ)

いい男、いい男だよ。髪型も最高だよ。髪の長い男性大好きだよ。最高だよ。
そして清正もまた、優しい男だよ・・・。男にも女にもみんなに優しい清正、もちろん彼女のことは大切にする。何より少女漫画を読んで泣いちゃう人だからね、こんな素敵な人いないって。私の夢が全て詰まったような人だよ。どこかにいないもんかね、清正よ。

 

=第1位=

「潔く柔く(いくえみ綾)赤沢 禄(あかざわ ろく)

男だよ、これが男だよ。私の中で男といえばこの人だよ、赤沢禄だよ。
強さも誠実さもズルさも弱さも面白さも全部併せ持った男だよ。 でも、浮気はしない男だよ。おすすめするよ。

そう2位の小峰清正になくて赤沢禄にあるもの、それはズルさ。このズルさ、大切だと思う。
人間誰しもが聖人君子じゃないからね、このズルさが人間らしくて好き。

私も赤沢禄とワインを飲みながらパンを頬張って、美味しい美味しいとイチャイチャしたいもんだよ。


はなしはかわって、

 

日記帳、つけてますか?私はつけてます。
パレットジャーナルとして、一冊に日々のなんてことないことから重要なことまで、なんならスケジュールや雑記も全て記録しています。
それとは別に使っているのがこれ、

f:id:sai316sai:20170925114548j:plain

 鍵付き日記帳^^
9月13日にデザインフィルmidoriから発売された、鍵付日記。青と茶色の二種類があり、表紙の扉がなんとも可愛い。

www.midori-store.net

今までもmidoriから、天使柄とクローバー柄の鍵付き日記帳は出ているけれど、好きな柄ではなかったので、今回このデザインで発売されると知った時は絶対に買うと誓ったほど。

表紙を開くと

f:id:sai316sai:20170925115825j:plain

またもや扉が。しっかりとした作りなのでちょっとした高級感すら感じる。

そして実際に日記を書くページには、

f:id:sai316sai:20170925115950j:plain

あらいぐま・・・

f:id:sai316sai:20170925120029j:plain

ひつじ・・・

そう、1ページ1ページにさりげなく動物が描かれている。あらいぐまやひつじの他にもバクやフクロウ等、8種類の動物がページページを盛り上げてくれている。
しかもこの動物達、夜を連想させるセレクトらしい。
というのも、夜に日記を書く人が多いからと公式ページに書いてありました。昼夜問わず書く私としては、ただただ可愛い。なんせ動物好きなもんで。粋な計らいっす。

そしてこの鍵付き日記帳の醍醐味はもちろん「鍵」。

f:id:sai316sai:20170925121238j:plain

鍵。

 

f:id:sai316sai:20170925121300j:plain

鍵。

 

f:id:sai316sai:20170925121317j:plain鍵!!!!!

 

そう、この鍵が秘密を全力で守ってくれるのです。
もうね、この鍵に全てを委ねるよね。というか委ねるしかないよね。
ダイヤル式のシャレたこの鍵が、書く人の全てを守ってくれる。
私もこの鍵を信頼しきっている。

紙はMDノートと同じMDペーパーが使われているので、書き味も良いです。


秘密を書きたい方、是非◎


◎Instagram、Twitterやってます◎

*Instagram

www.instagram.com

 

*Twitter

twitter.com